包茎手術を受けたい理由は人それぞれですが、彼女や男友達に見られた時に恥ずかしい、勃起した時に痛むなどの理由で行われるケースが多いです。縫合部が術後にほとんど目立たないようにする方法があるほか、入院せず日帰りでもできる比較的簡単な手術ですから、どうしても包茎が気になる男性は行いたいでしょう。

ただし、局部に行う手術のため、いろいろな不安があって決断できない人も少なくはありません。このコラムでは、包茎の人が受けたい手術についてどんな痛みがあるのか、手術当日にどう過ごせばよいのかを分かりやすくまとめます。

手術中の痛みはほぼなし

包茎手術に限らず、多くの疾患などで行われる手術では麻酔が用いられます。このため、手術中に痛みを感じる人は少ないと言えるでしょう。麻酔では、多くの医療機関で局所麻酔か全身麻酔のどちらかを選択できますが、どちらにしても痛みを感じることはあまりありません。

局所麻酔を選んだ人の中には痛みを感じたと言う人もいますが、その多くがイメージしていたほどのものでもなかったとしています。ただし、局所麻酔を選ぶと日帰り手術を受けやすくなる一方で、手術中は意識がある状態で過ごすことになります。

血が苦手な人や、病院そのものが苦手などの人は、術中の痛みよりも自分の不安と照らし合わせて、手術の方法を選んでください。近年では、局所麻酔であっても精神を安定させる薬を投与して、手術中に何があったのか分からないようにする手段もあるため、あらかじめ医療機関に相談してみましょう。

痛みからも、手術中の不安からも解放されたいのであれば、全身麻酔を選択すれば良いですが、一般的に入院治療となります。全身麻酔は体にかける負担が大きい一方で、痛みを術中に感じないだけでなく、病院側で手術当日のケアをしてもらえるので安心感があるのがメリットです。

術後の痛みは傷口が開くか開かないかで度合いが異なる

手術を終了してからの痛みは、患者によっては感じる場合も少なくはありません。包茎手術では、陰茎を一周するような傷口ができるのが一般的で、その傷口をカバーするために専用のテープが巻かれます。

包茎手術の後は、傷口をきちんと固定すると痛みがほぼない状態をキープすることも可能です。ただし、多くの医療機関で、日帰り手術であっても入院して手術をした患者であっても、痛み止めの内服薬が処方されますから、痛みを感じたとしても薬によってある程度は緩和できるでしょう。かなりまれなケースで激痛を感じる人もいるようですが、真性包茎の内2割程度の患者だと言われています。

医療機関によっては、局所麻酔になるゼリーを処方してくれるケースもあるので、術後の痛みが不安であれば亀頭部へ7日間程度ゼリーを塗りながら様子を見ることも可能です。とは言え、傷口が開くような状態になればどうしても痛くなります。例えばスポーツであれば翌日から可能とされていますが、2週間程度はあまり傷に負担がない、激しい種目は避けた方が良いでしょう。

傷口に絆創膏をして保護する手段もありますが、絶対に痛くなりたくないなら安静に過ごしてください。勃起することで傷口が少しだけ開いて痛むケースも見られます。セックスや自慰をするなら約1カ月間は見送った方が良いでしょう。

手術当日の正しい過ごし方を知ろう

多くの医療機関で包茎手術をした当日は、激しく動かないこと、患部をなるべく濡らさないことなどが指示されます。このため、日帰り手術を行った場合、術後は医療機関からなるべく早く帰宅して、自宅での療養が勧められるでしょう。

軽めのデスクワーク程度であれば可能ですが、包茎手術をしたと言うことを忘れずに絶対無理をしないで過ごしてください。包茎手術を体験した人の中には、パンツに傷口がすれるだけでも、痛みを感じたと言う意見もあります。

トランクスのようなゆったりした形状の下着だと、傷口への負担が考えられますので、ブリーフなどペニスを固定しやすい下着を選んで過ごすほうが良いでしょう。トイレには普通に行けますが、傷口を保護するため入浴をするのは翌日からで、手術当日はシャワーも浴びてはいけません。

バスタブにつかりたいなら、術後3日程度経過して傷口がふさがってからになります。また、包茎手術当日は特に、勃起するような環境からは遠ざかるのも大切です。

傷口を開かせないために、女性の多く掲載されている雑誌やDVDを見たり、インターネットでセクシーな動画を見たりするのは避けてください。アルコールの摂取も当日は止められるのが一般的ですので、酒類は必ず控えましょう。

まとめ

包茎手術は比較的簡単に受けられ、術中術後ともに痛みは少ないと言われています。手術では、痛みの有無よりも全身麻酔か局所麻酔を選んで、不安が少ない方を選ぶと良いです。手術当日は自宅でゆっくりと療養するようにして、傷口を開かせないように過ごしてください。

性行為やスポーツなどで傷口が開いたり、すれたりすることで痛みを感じるケースが多いからです。痛みを感じた場合は、医療機関で処方してもらった痛み止めを飲み、安静にして様子を見るようにして、それでも痛みが続いたり酷くなったりする場合は、早めに診察を受けると良いです。